この場合ポジションを所有し続けたら

はじめたばかりの人向けのFXのテキストでは、「マイナスになったケースではナンピン買いすることで、平均の買い付けコストを小さくする事が出来る」などと助言されているが現実的にはそれは大きな引っ掛けが潜んでいます。http://www.verajohncasinofun.com/

まずは、ナンピンの方法に関して分かりやすく述べます。ナイトアイボーテ

一例として100円で1ドルを買ったとします。善悪の屑 ネタバレ

$買いなのでドル高になるほど儲けが大きくなりますが思い通りに行かず1ドルが95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。ミドリムシナチュラルリッチ

この場合ポジションを所有し続けたら、マイナスをなくすためには5円分ドル高に動く必要があります。エステ宇都宮にも通って

誰もがみんな、損失は早めに0にしたいと願うだろう。

そのためはじめに取引したのと同じ分の$(ドル)を、95円で買い増しする。

そうしたら、ポジションのコストは97円50銭まで抑える事が出来ます。

その結果、2円50銭の幅で円安ドル高に向えばマイナスを回復する事ができます。

これが、ナンピン買いの理屈です。

ナンピン買いの方法を目にすると、「もっともだ」という考えになるが簡単には上手くはいきません。

最初から、1ドル95円が下値だということなど、なんびとも分かるはずがありません。

もしも、マーケットが強いドル安傾向だったら1ドル=95円では止まることなくさらにドル安に向う危険性が高くなります。

97円50銭でナンピン買いをして95円までドル安に進んだら、ナンピン買いを入れた分についても差損が生まれます。

これでは、初めに売買したドルと合計で2倍の損失が生まれる事になります。

この通り、ナンピンは大変です。

それならば、外国為替市場が自分のストーリー展開とは別の方向に素早く進む場合、どの手法で危機を軽減すればいいのだろうか。

この場合選択する道は多くはありません。

ひとつめは執着しないで損失を確定する事です。

もうひとりは、その時点で、所持している買いポジションを縮小することによって再び外国為替市場が元のようになるのをひたすら待ち望む事だけです。

ずいぶん後ろ向きな対策だとみる方もいると思います。

だが、自分の持っている買いポジションに損失が出た場合有効なやり方はこれ以上のものは考えられない。

ロジックとしては、ナンピン買いをする考え方もあると思います。

しかしながらナンピン買いは、あなたが損失を披っている状態にもかかわらず買いポジションを小さくするどころか逆にポジションを買い増していく手段です。

この対策では、危険性を削減することなど無理だ察するべきです。

ナンピン買いをし続ければやがては利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、それより前に資金は無くなってしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.arpuven.com All Rights Reserved.