ケロイドが起こりやすい方の脱毛

脱毛を行いたいとき、自分の体質も確認しておきましょう。軟骨成分

中には、ちょっとした怪我によりケロイドとして残ってしまう方もいます。ゾニサミド

このような体質の方の場合、脱毛方法によってはケロイドとして跡が残ってしまいますので、施術を行う時には注意する必要があるのです。

特に、自分で脱毛器を使用して脱毛を行う場合、照射レベルを間違えてしまう場合もありますので、必ずクリニックで脱毛するようにしましょう。

クリニックでの脱毛の場合、照射レベルを弱くしてもらうことで脱毛することも可能になってきます。

また、トラブルが起こってしまった時でも、直後にケアを行ってもらうことができますので、ケロイドとして跡が残ってしまう心配もなくなってくるのです。

体質的に、ケロイドであったりアトピーなどでお肌が弱いという方もいます。

この場合には、無理に自分で脱毛することでトラブルも起こりやすくなってしまいますので、脱毛に詳しいクリニックに通って施術を受けるとよいでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.arpuven.com All Rights Reserved.